アレルギーのかたの新型コロナワクチン接種につきまして

新型コロナ禍の緊急事態宣言が福岡でも解除されるようですね。

いよいよ新型コロナ対策のワクチン接種が医療従事者から始まりました。

一般の接種が始まるのは、まだまだ先になりそうですが、当ネットワークに 「食物アレルギーで

過去にアナフィラキシーの既往歴があるけれど、ワクチン接種の副作用でアナフィラキシーが言わ

れているがどう考えればよいか」とのご相談をいただいています。

そこで、当ネットワーク理事長で国立病院機構福岡病院アレルギーセンター顧問、日本アレルギー

学会指導医/小児科医師の柴田瑠美子から アレルギー児およびその保護者様へ向けたメッセージを

もらいましたのでお知らせいたします。

患者様および保護者様からワクチン接種のご相談等ございましたときのご回答の1つにご検討いた

だけましたら幸いです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コロナワクチン接種(対象17歳以上)がこれから始まりますが、過去に食物アレルギーで

アナフィラキシー歴がある患者様、また、アナフィラキシー歴がある方の保護者様より、

コロナワクチン接種の副作用の1つとしてアナフィラキシーが言われているが、どのうように

考えたらよろしいか のお問合せがきております。

今回のコロナワクチンについて、食物アレルギー、花粉症、喘息患者さんは、接種禁忌には

なっていませんので、接種は可能です。

アナフィラキシーでのコロナワクチンについてのガイダンスがあります。

日本アレルギー学会からはでていませんが、AAAAI(アメリカ、アレルギー免疫学会)の

学会誌(2021.2月号)にコロナワクチン接種の特別委員会からCDCのWebの情報をもとに

アレルギー疾患における接種ガイダンスとして発表されています。*1

アナフィラキシーの頻度が100万人に1人とまれであること、15分以内の発症でアドレナリンで

改善していること。

食物アナフィラキシーを含めたアナフィラキシー疾患でワクチンをうけることができる、30分

観察をおこなうこと。

とまとめられています。

<ガイダンスより抜粋>

Anyone with a history of anaphylaxis to food, oral medication, latex, environmental,

or venom allergies can receive either the Pfizer or Moderna vaccine without any precautions

other than a recommended 30-minute observation period. 

また、ワクチンの成分のPEGポリエチレングリコールに関してもコメントがあり、PEGアナ

フィラキシーは非常にまれで、ワクチン成分のアナフィラキシーは確認されていないとかかれて

います。これもさらにこの中のサイトでくわしくかかれています。

一度かかりつけのお医者様にご確認なされてはいかがでしょうか。

接種をご検討なさる場合のご参考の1つとしていただけましたら幸いです。

―NPO法人福岡食物アレルギーネットワーク 理事長 柴田 瑠美子―

<引用>

*1

AAAAI COVID-19 Response Task Force Guidance on Administration of COVID-19 Vaccines Related to Concerns of Allergic Reactions

Guidance Prior to the First COVID-19 Vaccine Dose, All Referenced on the CDC Website

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Follow me!

コメントを残す