『喘息児含めたアレルギー児のための新型コロナ等感染症蔓延下での災害時含む生活対処法およびエピペンの使い方』の動画配信              -福岡市NPO活動推進補助事業-

 このたび、「福岡市NPO活動推進補助金」の交付を受けまして、表題の通りアレルギー関連動画を製作いたしましたので 配信のご案内を申し上げます。喘息を持つお子さんは気道に炎症を持っており、それにウィルス等の感染症が加わると症状増悪の因子となりますので、保護者や小学校関係者の方々も不安に感じていらっしゃることと存じます。特に今般の新型コロナウィルス禍においては、まだ情報が交錯しており、さらに不安に感じていらっしゃることと存じます。そこで、当ネットワークではアレルギー指導医、アレルギー専門医による最新の情報に基づいた『喘息児含むアレルギー児のための新型コロナウィルス等感染症蔓延下での生活対処法』についての動画を作成いたしました。  

 またエピペンの使い方につきまして、新型コロナウィルス禍の影響で医師によるエピペンの使い方講習が中止になっており、小学校の教諭の方々、特に新任の教諭の方々におかれましては、エピペンを触ったことが無い方がほとんどであり、不安に思われている方が多いと思います。 そこで、万が一の対応に備えてエピペンの使い方の講習が急務であると考え、 『エピペンの使い方』に関する動画を作成いたしました。保護者の方々におかれましても、エピペンの使い方とコツを忘れないように、定期的にこの動画をご覧いただければ幸いでございます。   

令和2年12月  特定非営利活動法人 福岡食物アレルギーネットワーク 理事長 柴田 瑠美子

動画1 『喘息児含めたアレルギー児のための新型コロナ等感染症蔓延下での災害時含む生活対処法』  

   動画1-1 新型コロナウィルスについて -10分-

   動画1-2 子どもとコロナウィルス/新型コロナウィルス感染症とアレルギー疾患 -5分35秒-

   動画1-3 感染症を考えた災害対策/日頃の備え -7分21秒-  

             講師:手塚 純一郎先生 福岡市立子ども病院アレルギー呼吸器科科長   

                                      日本アレルギー学会専門医

      *動画1の配信は、2021年1月31日までです

動画2 『エピペン®の使い方1 』 -13分49秒-

             エピペンを使う場面/アナフィラキシーとは

             エピペンの効能/効果

             エピペンの使い方/コツ

             保管や管理について

              講師:岡松 由記先生 飯塚病院 小児科部長  日本アレルギー学会専門医-

     『エピペン®の使い方 2 』 -1分55秒-

            エピペンを打ってみましょう -6分-

             講師:柴田 瑠美子先生 国立病院機構福岡病院アレルギーセンター顧問 小児科医師

                  日本アレルギー学会指導医

Follow me!

コメントを残す